看板施工事例Blog -Tag- 建植 野立て看板

ふくおかクリニック・キリン薬局様 看板施工 ②


rss
今回は前回に引き続き、右京区に今年10月より新規オープンされた病院、
『 ふくおかクリニック 』様と、『 キリン薬局 』様の看板施工風景を紹介していきたいと思います。

1
これから入口のドアに、目隠し用のシートを貼った上から、
診療時間案内などの切文字(シールで出来た文字)を貼り付けていくところです。
文字を貼る位置を十分に確認しながら、慎重に作業していきます。


2
切文字を全て貼り終えた入口ドアはこの様になりました。
壁のカルプ文字の色と同じにすることで統一感が出てまとまった仕上がりになりました。


3
別の入口にはクリニック名の大きなプレートの看板を設置させていただきました。
こちらは分かりやすく落ち着いた雰囲気ですね。


3
その他にもインターフォンの様な細かい所にも、フィルム切文字貼という施工をさせて頂きました。


4
全ての看板施工を終え完成した様子です。


5
別の角度から撮影した完成写真です。
建物の雰囲気に看板もとてもマッチして、素敵なクリニックになりましたね!



ふくおかクリニックの院長であられる福岡正平氏は心臓外科の権威であられると同時に
漢方などを広く用いた、東洋医学の専門医でもあられます。
患部に素早くアプローチする手術などの西洋医学に対し、
個々の症状に合わせた漢方などを処方し、病気を未病の状態に近づける東洋医学、
それぞれの長所を融合させた診療を実施されています。
内科、循環器内科、外科はもちろん、禁煙外来や、フットケア外来など、
現代人には欠かせない診療も行っていますよ。


最後に
【ふくおかクリニック様のキャラクターに関する豆知識】
クリニックのメインキャラクターである、ふくろうの「ふくちゃん」
日本や中国など東洋では「不苦労」や「福籠」などに通じることから
縁起物として重宝され親しまれています。
また、西洋では白いふくろうは知識の象徴とされているそうです。
西洋医学の知識の象徴である白いふくろうを東洋医学の象徴である
「五行」(木火土金水:緑赤茶金青)で周りを固めたことで、
西洋医学の知識を東洋医学でしっかりサポートするという意味が込められているそうですよ。
ふくおかクリニック様の医療方針と特徴をよく示していますね。

体に不調があれば、私も是非一度利用してみたいです!

ふくおかクリニック様、
今回は弊社への看板施工のご依頼誠にありがとうございました。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
アクリルサインは
様々な看板施工の実績から
多種多様な業種の看板施工を行っております。

看板デザインも現場での感覚を大事にしながら
お客様の声をお聞かせ頂きながら
お客様が納得される看板デザインの提案をさせて頂きます。

アクリルサインは
京都を中心に大阪・滋賀・兵庫と関西一円での看板施工に対応します。

京都での看板施工は
京都市景観条例に基づいた看板デザインを含めた
看板設置や看板移設なども提案させて頂きますのでご安心下さい。
看板の事で困った事や、気になる事がございましたら
株式会社アクリルサインまでご相談下さい。

 
1件目 (8件中)
rss