看板施工事例Blog

医療法人 はせがわ耳鼻咽喉科様 看板一式施工


rss
今回は南茨城で開業以来長らく親しまれていたはせがわ耳鼻咽喉科様が、
この12月にリニューアルオープンされるとのことで、弊社アクリルサインに看板施工のご依頼を頂きました。

今回はリニューアルということで元々あった看板は全て取り外し、
イメージもピンクベースの優しい雰囲気のものに全て付け替えさせていただきました。
せっかくなので今回は以前の看板と比べながらみていきましょう。

1

Before これが以前付けていたベランダ看板です。
     少し堅苦しいイメージで、色も少しあせたように見えますね。

2

After そしてこれが新しくつけたベランダ看板です。
    カラーもですが、医院名をひらがなに変えたこともあり、柔らかい雰囲気になりましたね。

3

Before 次はクリニック前の看板です。 随分古くなり、汚れも気になりますね。

3

Under construction 
 古い看板を全て外し、壁もペンキで新しく塗りなおしました。
 これからクリニックのメインとなる新しい壁面看板を取り付けていきます。
 今回は看板が夜間でもよく目立つ様にスポットライトも取り付けました。

4

After   今までは壁のくぼみの影響でバラバラに配置されていた文字でしたが、
    今回はひとつの大きなアルミ製の看板に仕上げました。
    補強金具で裏面は壁としっかり止められているので外れる心配もありません。

5

Before 次は電飾突出しサインです。
             突出し看板とは言葉の通り、道路へ突出している看板のことです。
     壁面看板とは向きも違うため、歩行者や車などからも目に付きやすいのが特徴です。
    6
 
After   これが今回新しくした電飾突出し看板です。
    どこかありきたりな印象だった看板が、シンプルかつスタイリッシュに見えるようになりましたね。
    中にはLEDの蛍光灯が組み込まれていますので、夜に光っても綺麗ですよ。

78

これはBeforeとAfterを並べたものです。
以前は小さな突出し看板がついていましたが、それをステンレスの診察案内看板へと変更しました。
そして、元からあった電源を活かしスポットライトをひとつ取付けました。
ステンレスは以前も紹介しましたが、HL仕上げ(金属に敢えて髪の毛ほどの細い無数の線を入れたもの)
になっており、高級感を出すことができました。

8

次は新しくなったクリニック内の施工風景を少しお見せします。
カウンターの裏にクリニック名をステンレスHL仕上の切文字を貼り付けています。
壁の色にもよく合い、とても上品な仕上になりました。

8

だんだん出来あがっていく様子を見ていると、なんだかこっちまでワクワクしてきますね!

9

これは室内に設置した医師表プレートです。
透明のアクリル板に印刷されたIJシートを貼り付け、四方を化粧ビスで留めてあります。
あえて少し浮かすことで立体感も出てオシャレな仕上がりです。

これで今回の施工は完了です。

はせがわ耳鼻咽喉科様はこれまで40年以上も地域の身近なクリニックとして親しまれてきました。
地域密着の身近なかかりつけ医として、丁寧にわかりやすく、それぞれに合った治療を提供すること、
患者様が少しでも安心できるよう、真摯に向き合い一人ひとりに寄り添ったクリニックを目指すこと、
それをモットーとし、多くの人に親しまれてきたのです。
そしてこの度、娘さんがその意思を引き継ぎ、親子2代でのクリニック経営となったそうです。

偶然にも、弊社アクリルサインも親子2代で頑張っている会社なんですよ。
入念な打合せから、デザインの作成、着工、完成まで一人一人に寄り添った看板作りをお約束しています。
親しみやすい会社ですので、看板施工の際は是非声をかけて下さいね。


はせがわ耳鼻咽喉科様、この度は弊社アクリルサインへの看板施工依頼誠にありがとうございました。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アクリルサインは
様々な看板施工の実績から
多種多様な業種の看板施工を行っております。

看板デザインも現場での感覚を大事にしながら
お客様の声をお聞かせ頂きながら
お客様が納得される看板デザインの提案をさせて頂きます。

アクリルサインは
京都を中心に大阪・滋賀・兵庫と関西一円での看板施工に対応します。

京都での看板施工は
京都市景観条例に基づいた看板デザインを含めた
看板設置や看板移設なども提案させて頂きますのでご安心下さい。
看板の事で困った事や、気になる事がございましたら
株式会社アクリルサインまでご相談下さい。






 
1件目 (188件中)
rss