看板施工事例Blog -Tag- 制作中 施工風景

猫カフェ Fluffy's cafe 様 看板施工 一式


rss
河原町で10年親しまれてきた『 cafe犬猫人 』様は
この11月に『 Fluffy's cafe 』様としてリニューアルオープンされました。

全面改装リニューアルに伴い、弊社 アクリルサイン に看板施工一式をご依頼いただきました。


外観はこのような素敵な感じに仕上がっています。
(内装もとっても素敵なんですよ!)

これから弊社が看板を設置していきます。
 
1

このとっても可愛い猫ちゃんが、お店の外に突出看板として設置されるメインの看板となります。
猫ちゃんはIJシートで印刷されたものを貼り付けたものです。
IJ(インクジェット)シートとはデザインを印刷する専用のシートのことです。 
IJシートには粘着剤(糊)がついていて、看板のベースに貼り付けることができます。
印刷のため、グラデーションも美しく、表現性に優れているシートです。
 
1

このように丸い金物のベースの側面にLEDを組みこんで、夜でも明るく光る看板に仕上げます。
両面から猫ちゃんの看板をビス止めすればほぼ完成です。
ふわふわのねこちゃんがとっても可愛らしい看板になりました!
 
4

同じ工程で、もう一台、黒の塗装ベースに白地で店名の入った丸型の突出看板も製作しました。
とてもシックで素敵な看板になりました。
 
5

これから紹介するのは屋外と店内用のLEDチャンネル文字です。
大きさが小さい方が店内用で、大きい方が屋外の壁面用です。

チャンネル文字とは、看板用の立体文字のことです。
文字は立体で中をくり抜いたように溝があるのが特徴です。
そこから溝という意味のchannelが付けられ、チャンネル文字と呼ばれるようになりました。
チャンネル文字は看板や外壁に貼り付けて立体的に見せることで、
その文字による名称、内容などをより強く印象づける効果があります。
同じ役割を持つ立体文字にカルプ文字もありますが、カルプ文字は発泡ウレタン樹脂、
チャンネル文字は金属がメインという素材の違いがあります。
その他、チャンネル文字に使われる金属はステンレスや銅、真鍮、亜鉛などがあり、
金属以外だと、アクリル、ABS樹脂、ウレタン樹脂などがあります。

今回はLEDを組み込んだ発光看板に仕上げるためにアクリル製のものを製作しました。
 
6

このように内部に無数のLEDを取り付けていきます。
 
7

そして上から蓋をするように文字をはめ込んでいきます。
 
8

チャンネル文字の店内への取付風景です。
発光させるために電気の配線の処理をしていきます。
 
9

このように仕上がりました。
光が正面から明るく文字全体を照らし、とてもオシャレな雰囲気になりました。
 
10

今度は一回り大きなチャンネル文字を店舗外壁へ取り付けていきます。
店内より配線を引き、電源を確保していますので、外観もスッキリと綺麗に仕上がっています。
 
11

完成した看板がこちらです。
こちらも建物にスッと馴染んで、とてもオシャレな看板になりましたね。
 
12

全面リニューアルオープンされた Fluffy's cafe さんでは、
1階がワンちゃんもOKなカフェ、2階は猫カフェスペースになっています。
店舗にはふわふわモコモコの可愛らしいにゃんこ店員たちが多数在籍しています。
猫カフェ歴10年のベテランにゃんこもいますので、
その接客テクニックを是非一度ご堪能されてみてはいかがですか?


また店内の壁や床などにも弊社 アクリルサイン が施した
可愛らしい猫の隠れアイテムたちがありますので、よければ​​​探してみて下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アクリルサインは
様々な看板施工の実績から
多種多様な業種の看板施工を行っております。

看板デザインも現場での感覚を大事にしながら
お客様の声をお聞かせ頂きながら
お客様が納得される看板デザインの提案をさせて頂きます。

アクリルサインは
京都を中心に大阪・滋賀・兵庫と関西一円での看板施工に対応します。

京都での看板施工は
京都市景観条例に基づいた看板デザインを含めた
看板設置や看板移設なども提案させて頂きますのでご安心下さい。
看板の事で困った事や、気になる事がございましたら
株式会社アクリルサインまでご相談下さい。
3件目 (36件中)
rss